インタビュー >> 国会議員


東アジアの平和と安定に中国も責任あるリーダーシップを発揮してもらいたい

本庄知史 立憲民主党副幹事長 衆議院議員

本年は中日国交正常化50周年の記念すべき年だが、一昨年来のコロナ禍で、両国間の国民交流はほぼ途絶え、祝賀ムードも高まりを見せていないが、中国にとって日本は米国に次ぐ二番目...

山口 那津男 公明党代表・参議院議員

「温故知新」の教訓と「疑心暗鬼」 を取り除く交流によって 新たな中日関係を構築

本年は中日国交正常化50周年の記念すべき年である。50年前、公明党は両国の国交正常化に一定の役割を果たした。以来、日本の政党の中で、中日友好路線を貫いてきた唯一の政党であ...

鈴木 宗男 参議院議員

日本は隣国を大切にするべき

現在、ウクライナ情勢をめぐる国際世論の高まりを背景に、日本および欧米諸国はロシアへの経済制裁を強めている。そうした中、1983年に国会議員になり、一貫してソ連・ロシアと向...

ミハイル・ガルージン 駐日ロシア連邦特命全権大使

ロシア・ウクライナ紛争が 国際秩序を再構築する

2022年2月、ロシア・ウクライナ紛争が勃発した。日本国内では一部の国会議員が言うように、様々なメディアや機関を通じて、ウクライナ大統領ゼレンスキー氏の言葉だけが聞こえて...

服部 良一 社会民主党幹事長

中国との友好を推進する 国民運動の流れをつくる

本年は中日国交正常化50周年にもかかわらず、両国の友好ムードはあまり高まっていない。そうした中の5月11日、岸田文雄政権が看板政策に掲げる経済安全保障推進法が参院本会議で...

伊佐 進一 衆議院議員

世界の平和と安定に責任を持つ日中関係を構築すべき

  公明党の伊佐進一衆議院議員は、東京大学工学部航空宇宙工学科を卒業後、科学技術庁(現・文部科学省)に入庁し、宇宙開発政策に携わる。その後、政府派遣で米国...

古川 禎久 元財務副大臣、自民党衆議院議員

「アジア共生国家」構想で東アジアの平和と安定を

2021年1月、世界経済フォーラム(WEF)は、コロナ禍が米中の対立を先鋭化させており、将来的に国際関係が不安定さを増す恐れがあるとする年次報告書を公表した。元...

齋藤健 元農林水産大臣、自民党衆議院議員

日本は中国への農産物の輸出を積極的に推進すべき

2月8日午後5時半から、元農林水産大臣で自民党衆議院議員の齋藤健先生への取材を、衆議院第一議員会館で行うことになっていた。約束の時間が迫ってくると、齋藤先生の秘...

高野 之夫 東京・豊島区長

東京をリードして国際舞台で活躍する豊島区

撮影/本誌記者 原田繁 今日、東京は世界屈指の国際都市である。ところが、2014年に驚く発表がなされた。東京23区で唯一、豊島区が消滅可能性都市として名指しさ...

石破 茂 衆議院議員・自由民主党元幹事長

日本と中国は信頼関係を持つことが最も大事

「皆さま今回の自民党総裁選、本当にありがとうございました。いつの日か、国民の皆さまのために、日本国のために、次の時代のために。皆さんのお気持ちに報いることができるよう、石...

岡本 三成 衆議院議員

日本と中国の若者はどんどん交流してほしい

公明党は、歴史的に中国との友好関係を最も強く主張してきた政党である。同党所属の岡本三成衆議院議員は、米国・ケロッグ経営大学院で経営学修士号 (MBA)を取得後、世界的金融...

稲津 久 厚生労働副大臣、衆議院議員

新型コロナ対策:日中の相互支援から国際協力へ

8月25日現在、世界の新型コロナウイルスの感染者数は2352万人、死亡者は81万人に達し、まさに人類は未曽有のパンデミックにさらされている。日本でも感染者数が6万人を、死...

落合 貴之 衆議院議員

政治献金を受けない国際派政治家

撮影/本誌記者 呂鵬 民主政治の下で、政治献金は常態化している。企業・団体による無償の献金には、如何なる利益還元も必要ない。ところが、政界にはびこる灰色の政治献金が、度...

——福田康夫元首相に聞く

「人類運命共同体は試練に直面」

ワクチンの開発競争、黒人差別抗議運動、中国依存、反グローバリズム……新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界中が未曽有の混乱に陥り、国際情勢...

浮島 智子 文部科学副大臣

日中の文化交流は心で交流することが大事

1995年の阪神・淡路大震災で神戸の街は大きく被災し傷ついた。その神戸のために何かしたいという思いから、1996年、世界的なプリマバレリーナ浮島智子はそれまでの海外での活...