観光


ピックアップ

2022年「海外中国観光文化ウィーク」が北京で始動

海外の中国文化センターや在中国海外観光機関、人民網が共同で企画する2022年「海外中国観光文化ウィーク」の始動セレモニーが9月6日、北京で開催された。 同...

「プチバケーション」が若者の新たなトレンドに

中国の若者の旅行は近年、より個性的になり、「飛行機+ホテル」や「遠方への旅行」はスタンダードではなくなっている。旅行情報サイトの「馬蜂窩」が9月29日に発表した「現代の若...

微山湖観光案内

微山湖 (写真提供:済寧市委員会宣伝部) 微山湖は省級観光地で、総面積1200平方キロメートル、微山、昭陽、独山、南陽という四つの湖からなり、南四湖とも言う。広がる...

2022年の国慶節連休は家族旅行・ドライブ旅行が人気

中国国慶節(建国記念日、10月1日)の長期連休が近づいてきた。複数のオンライン旅行予約プラットフォームのデータによると、今年の国慶節連休は旅行者の平均行動範囲が拡大してい...

新着記事

コロナ禍で変化加速 日本の旅館・ホテル、顧客の個人化一層進む

高齢層の旅行控えも 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連)のポストコロナ調査研究委員会(大木正治委員長)は、全国47都道府県旅館ホテル組合から、それぞれ1~3軒...

4~6月の訪日外国人消費、コロナ前比で92%減

水際緩和も1047億円 観光庁が発表した訪日外国人消費動向調査の結果で、2022年4~6月期の訪日外国人の旅行消費額は1047億円となった。コロナ禍の影響で平年より大幅...

新疆観光が爆発的人気に 現地では大渋滞や長蛇の列発生

今年の夏、新疆維吾爾(ウイグル)自治区を訪問する観光客が激増しているのを背景に、各オンラインプラットフォームでは、「100キロ走るのに8時間かかった」や「夏塔(シャーテ)...

青春真っ盛りの卒業生の旅行が多様化

中国全土で中国大学統一入学試験(通称「高考」)と高校統一入学試験(中考)が終わると、学生たちが待ちに待った卒業旅行に出かけ始めることになる。 卒業旅行が人気に 旅...

中国の2021年における博物館来場者数が延べ7億7900人に

最新統計によると、2021年における中国の博物館の来場者は延べ7億7900万人に達した。また、企画されたオンライン展示会は約3000回、オンライン教育活動は約1万回で...

中国のZ世代は「都市から逃避中」

テントを組み立て、タープを張り、きれいに盛り付けられたおいしそうな料理にさまざまなアルコール飲料を合わせ、ムードのあるインテリアライトの影がテントから草地に伸びて、ブ...

「育メンが子供連れて旅行」が新トレンドに

「父の日」だった6月19日、中国一部の旅行プラットホームが「父の日旅行ビッグデータ」を発表した。旅行サイト携程の統計によると、今年上半期の親子旅行の予約のうち、男性の...

卒業旅行がヒートアップ 中国Z世代に人気の目的地は?

中国大学統一入学試験が終了し、2022年度の試験結果が6月23日から続々と発表されている。それに伴ってやって来たのは徐々にヒートアップする「卒業旅行」市場だ。複数のオ...

海外在住の外国⼈対象「⽇本旅⾏に関する意識調査」

Tokyo Creativeは16日、海外在住の外国⼈を対象とした「⽇本旅⾏に関する意識調査」の結果を発表した。 <⽇本⼈と外国⼈の“両⽬線”を⽣かした動画で⾃治...

羽田空港、英SKYTRAXの国際空港評価で2年連続アジア1位空港に選出

日本空港ビルデングは17日、羽田空港が英SKYTRAXの国際空港評価で2年連続アジア1位空港に選出されたと発表した。 このたび羽田空港旅客ターミナル(注1)は、...

JNTO、水際緩和でプロモ展開

訪日観光の再開に伴い、日本政府観光局(JNTO)は、水際対策や受け入れ状況に応じた訪日プロモーションに注力する。旅行先としての日本の認知度、日本への関心度を高める情報発信...

郷村振興をバックアップする 「クラウド」観光

「安徽省合肥市肥西県第5回ヨモギ餅文化フェス・郷村振興PRイベント」が5月15日、同県柿樹崗郷で、ライブ配信方式で「クラウド開催」され、地元の伝統グルメや無形文化遺産、郷...