経済 >> 中国市場の現場


「流浪地球2」の外骨格ロボットが数年後はスマホ並みの価格に

今年の春節(旧正月、1月22日)期間に公開されたSF映画「流浪地球(流転の地球)2」は巨額の興行収入を上げただけでなく、映画の中のハイテク製品の数々も大きな注目を集めた。...

市場が急成長中

コーヒーは今や中国の若者にとって社交の必需品に

ここ数年、若者にとってコーヒーを飲むことは生活習慣の一部になり、「心強い社交ツール」にもなっている。若者がコーヒーを熱心に追い求める動きと呼応するように、コーヒー市場の競...

空飛ぶ車が人々の暮らしに入り込むのはいつか

吉利科技集団傘下の沃飛長空科技(成都)有限公司が独自開発した「有人航空機(空飛ぶ車)」の第2回テスト飛行がこのほど終了した。これにより、同社の空飛ぶ車「AE200 X01...

中国の新エネ車は生産・販売ともに8年連続世界一

中国自動車工業協会がまとめた最新の統計によると、2022年にも引き続いて中国の新エネルギー自動車は爆発的な成長を遂げ、生産台数は前年比96.9%増の705万8000台、販...

2022年の中国造船竣工量が世界の47.3%占める

中国の工業・情報化部によると、2022年に中国で完成した船の載貨重量トン数(DWT)は世界の47.3%を占めた。新造船受注量は同55.2%、手持ち工事量は同49.0%をそ...

大衆のスポーツとして盛り上がるアイス・スノー産業

北国のアイス・スノーの中で屋外スキーのワクワク感を味わったり、南方の屋内アイス・スノースポーツ施設でウィンタースポーツのロマンに浸ったり、アイス・スノーテーマパークで遊ん...

一日当たり1億個以上

宅配便に見る農村消費市場のポテンシャル

1000億個。これは国家郵政局の宅配便ビッグデータプラットフォームがまとめた、2022年12月1日時点の最新の宅配便業務量のデータだ。昨年より7日間早くこの数字を達成した...

中国で新たな注目分野になった水素自動車

このほど発表された「北京市水素燃料電池自動車用水素ステーション発展計画(2021-25年)」は、2025年までに水素燃料電池自動車の普及台数が累計1万台以上を目指すと打ち...

2022深圳グローバル投資促進大会が開催

関連投資総額は17兆円

2022深圳グローバル投資促進大会が12月9日、深圳市の五洲賓館で開催された。大会での商談・契約案件は315件、関連投資総額は8790億元(約17兆2284億円)に上った...

中国の大きな市場が世界の大きなチャンスに

第5回中国国際輸入博覧会が2022年11月5-10日に、上海市で予定通り開催される。今回の輸入博企業商業展は出展のレベルがより高く、出展者の数がより多く、専門性がより高い...

原材料工業付加価値が年平均4.5%のペースで増加

中国工業・情報化部は9月2日に開催した「新時代の工業・情報化発展」シリーズ記者会見で、2012年に中国共産党第18回全国代表大会が開催されて以来、中国の原材料工業は歴史的...

中国の車両保有台数が4億800万台に 新エネ車が3.23%占める

中国公安部(省)によると、現在、中国の全国の車両保有台数は4億800万台に達し、そのうち自動車は3億1200万台、車両の運転者は4億9400万人に上り、そのうち自動車...

中国発ゲームはなぜ海外で人気があるのか

今年7月にフランス・パリで開催されたアニメの総合博覧会「ジャパンエキスポ」で、中国発のゲーム「原神」が人気を集め、展示ブースにやって来るアニメファンやゲーマーは途切れるこ...

消費者向けドローンで中国は世界シェアの7割 

国際ドローン展がこのほど広東省深セン市で開催され、2700台を超えるドローンと無人化の装備が登場した。業界関係者は、「新型コロナウイルス感染症の期間に、産業用ドローンが救...

「トランク経済」を楽しむ中国の若者たち

最近、「トランク経済」が新興の業態になっている。都市近郊の道路沿いでも、都市の開放されたマーケットイベント空間でも、若者たちが車のトランクを開け放ち、QRコードを掲示し、...