科学技術 >> 中国の科学技術


各業界にエンパワーメントする中国の国産ドローン

ドローンといえば馴染みのある存在で、空撮はずっと前から日常生活に浸透している。空撮愛好家が用いる一般向けのドローンのほかに、各専門分野に応用されている産業向けドローンも密...

中国のサービスロボットが海外で好調

英紙「フィナンシャル・タイムズ」の報道によると、韓国の飲食業界は労働者不足と人件費高騰の現状、利用客の非接触型サービスの好みに対応するため、人の代わりに大量のサービスロボ...

「深海1号」2期、天然ガスの試験生産量が 1日当たり100万立方m超

中国海洋石油集団有限公司が10月16日に明らかにしたところによると、中国初の超深水高圧プロジェクト「深海1号」2期プロジェクトの1つ目の開発井の作業が順調に完了した。

中国有人月上陸宇宙船の原案が初公開

中国有人宇宙事業弁公室が8月31日に発表した情報によると、中国有人月探査事業月上陸段階の任務はすでに全面的に始まり、各種開発・建設作業が急ピッチで進められている。同日から...

地熱の直接利用規模で数年連続の世界一を維持

地熱は冷房の他にも、近場で開発され北方地域のクリーンな暖房に使用できる。一部の地熱資源が豊富な地域では、地熱水によって現地の温泉ヘルスケア産業が発展している。また高温地熱...

世界初の液体酸素・メタンロケットが打ち上げに成功

藍箭航天空間科技股份有限公司(藍箭航天、LandSpace)が独自に開発したキャリアロケット「朱雀2号」が12日午前9時、中国酒泉衛星発射センターから打ち上げられた後、予...

夏季ダボス会議

100%グリーン電力供給が初めて実現へ

天津電力取引センターによると、2023年世界経済フォーラムのニュー・チャンピオン年次総会(夏季ダボス会議)において、会場側と新エネルギー発電企業との間でグリーン電力取引が...

2030年までに 初の月面着陸を実現へ

中国有人宇宙事業報道官を務める中国有人宇宙事業弁公室副主任の林西強氏は5月29日、「神舟16号」有人飛行任務記者会見で、「中国有人月探査プロジェクト月面着陸段階の任務が始...

価格は約4000万円から

世界初!ネットショップで商業衛星販売開始!

3年前に中国のショッピングサイト・淘宝のライブ配信ルームで「ロケット」を売っていたことが話題になったが、今度は「衛星」も購入できるようになった。3月末、中国初の民間衛星メ...

中国の渤海で新たに1億トン級油田を発見

中国海洋石油集団有限公司(中国海油)は、渤海南部で中国最大の変成岩潜丘構造である「渤中26-6」1億トン級油田を発見したと発表した。 同油田は渤海南部の海域に位置し...

ワンタッチ決済など中国で増えつつある自動販売モデル

QRコードによるドアの解錠、セルフ販売、ワンタッチ決済……自販機は今や人々の日常生活でありふれた存在になっている。 AI(人工知能)無人販売 ソリューションを導入...

宇宙強国中国のさらなる挑戦 2023年に宇宙船を70回打ち上げ予定

2023年も中国の宇宙活動は引き続き活発に進められる。通年で70回近い打ち上げを行い、過去最高を更新する見込みだ。 23年に有人宇宙ステーションプロジェクトは応用・発展...

農貿市場のデジタル化により「スマート野菜販売所」を建設

デジタルディスプレイ、スマート電子はかり、トレースバックQRコード、野菜販売所ライブ配信スタジオ……5G、デジタル技術、モノのインターネット(IoT)などの技術の発展に伴...

中国の月面科学研究基地はいつ完成するか

中国の月探査チーフデザイナーが回答

国連と中国の宇宙探査とイノベーションのグローバルパートナーシップに関するシンポジウムが11月21日午後、海南省で開幕した。月面科学研究基地はいつ完成するのだろうか。どのよ...

中国の宇宙ステーションで3回目の宇宙授業を実施

宇宙授業「天宮教室」の第3回が12日午後4時1分、中国の宇宙ステーションで行われた。新任の「宇宙教師」の陳冬飛行士、劉洋飛行士、蔡旭哲飛行士が数多くの青少年向けに宇宙科学...